装飾の魔術師 ミュシャ ぬり絵にチャレンジ

2冊目を塗り終えて

2021/09/26(日) もうすぐ10月、暑さも彼岸までとはよく言ったもので本当です。

さて、ぬり絵本2冊目が終わった、2冊目は1冊目の重複が数枚有ったので自前で線画を作成・塗った。
2冊目の中でも《P.L.M.鉄道「モナコ・モンテカルロ」》がとても細かくて時間がかかった。
絵の中には色んな事柄が秘められ塗っていると良くわかった、
さすが魔術師! 同様に細かな《ジスモンダ》も魔術師的なポスターです。

塗り終えて塗り終えて

《P.L.M.鉄道「モナコ・モンテカルロ」》 よく見ないと分からないお顔の背景には街、青く塗った海

塗り終えて演劇 「ジスモンダ」のポスター
《ジスモンダ》 細かすぎる装飾の数々


1冊目:名画の塗絵「アルフォンス・ミュシャ編」
2冊目:ミュシャ FANTASY  COLORING  BOOK ぬりえファンタジー
この本にはA4版の線画が約10編ほど付いている、それに塗ってゆきます


至福の時をすごす
ただ塗っているだけではもったいない、何度も聴いているピアノソナタを聴きながらやってみよう、まずはベートーヴェン、モーツァルト、ショパンと約18時間ほどでした。
途中ちょうど中秋の名月(9月21日)に「月光」を偶然にも聴いておりました、その時ぬっていたのが「JOB」、どれも楽しく塗ったが細かさに悩まされていた。

塗り終えて塗り終えて
《 JOB 》 

塗りを重ねると自身でもわかるが「雑」な塗りになっています(反省)。
私はとにかく「お顔」と「ドレス」が苦手ですね~ 

2冊目を終えて、二つ挑戦した事がありました
1.線画の作成  
  これは画像(写真)から「線画」をつくる → 塗る元絵はこれから無い為に自前制作しなければならない為
線画線画展覧会のポスター 完成


2.油性色鉛筆の使用
  今まで「水性色鉛筆」&「水性アクリル絵具」を使用していた
LA TOSCA

塗りには「力」をかけなければならず疲れました

2冊塗り終えた感想でした、これからも自前で線画をつくりMUCHAな挑戦を続けたいと・・


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
QRコード
QR