装飾の魔術師 ミュシャ ぬり絵にチャレンジ

平安朝へ ~ 小野小町を塗ってみた 

2023/01/15~18   小倉百人一首より 小野小町

平安時代の女性が羽織った着物は華やか 

でも塗る時には柄に気を使う


この絵にはたぶん下記のように記されていると思う(間違っているかも・・)

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

 読みは
はなのいろは-うつりにけりな-いたつらに-わかみよにふる-なかめせしまに

小野小町のこの句は、百人一首(9番)だけでなく古今集(春・113番)にもあります


ー 現代風に訳すれば
「花の色は色あせてしまったことよ
 長雨が降り続く間に
 私の容姿も衰えてしまった
 物思いにふけっているうちに」
 ※花:桜を指します

私がまだ学生の頃 お正月といえば 必ず家族で
百人一首のかるた取りをしました
今日は父の事を思い出し懐かしかった
節季を大事にされていたことに敬服する



着物の色は想像で塗った
A4上質紙・水彩色鉛筆
小野小町
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
QRコード
QR