装飾の魔術師 ミュシャ ぬり絵にチャレンジ

プラハの思い出から「天門時計前」 ようやく塗り終わりました

2022/07/11~14 「不思議の国のアリス」を卒業、思い出を掘り起こして塗ってみた


プラハ旧市庁舎の北側の壁に、ひと際目立つ中世の天文時計がある

この時計は「プラハのオルロイ(Pražský orloj)」と呼ばれている機械仕掛けの「からくり時計」で600年以上も時をきざんでいて、今なお時間を刻んでいる。

1時間ごとに見られるからくり人形のショーは、世界中の観光客たちを引き付ける。 毎時間、数百人もの観光客がカメラを持ってこの天文時計の周囲に殺到する。

A4上質紙・水彩色鉛筆
プラハ天門時計台前
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
QRコード
QR