装飾の魔術師 ミュシャ ぬり絵にチャレンジ

私の子ヤギさん 可愛いでしょう~

2022/09/19  敬老の日(祝日)に塗る

今日は 台風14号が近畿に近づいている 強風が吹いたり 小雨がぱらついたり 落ち着かない天気でした

イングランドでは エリザベス女王さまの国葬がされている・・・ 歴史的な日でもあります


昨日同様に 何も考えないで ひたすら線画を作成し 可愛らしい絵を塗ってみた


どう~ 私の可愛い 子羊さん 

逃げないで 私と一緒に遊びましょう~ 

とでも・・・ (想像にお任せします)


A4上質紙・水彩ペイント

私の羊さん

祖国チェコで制作されたポスターです

9月に入り 沖縄方面には台風が来ている 来週は近畿も影響がありそう

ベルギーを3作塗ったので 本来のMUCHAを これも3作塗ろう

この線画は、少女が持つ「花輪」の輪郭がよく分らいない(ぼやかしました)

この花輪は民族舞踊でたくさんの女性達(少女達かも)が持って踊るのであろう~


《ミュシャの故郷は チェコ・イヴァンチッツェ地方の出身です》

モラヴィアの美しい民俗衣装の少女の背景に イヴァンチッツェの聖母被昇天教会が描かれている

よく聞くのは「ボヘミア」 その違いは?です 


題:教会の塔と少女

A4上質紙・水彩色鉛筆

教会の塔と少女

ブルージュ③ 一応終わり 8末から手掛けたぬり絵

2022/08/30~09/03   根気なしの作品が続いたけれど~

ベルギー ブルージュを3作塗って

約20年前に旅をした オランダからベルギーと 春の旅のメインは

「オランダのチュウリップ祭り」でした 大きな花がたくさん

日本では余りみられないチュウリップばかりでした

この絵のブルージュは少し雨 まさに「雨のブルージュ」

運河クルーズは寒かった(雨で)

そんな思い出をぬり絵にしました


題:ブルージュの運河クルーズ

A4上質紙・水彩色鉛筆

ブルージュ

べルギー ブルージュ② 

2022/08/31   今日で8月も終わり また台風のNEWS いやですね~

さて ベルギー ブルージュ②を塗った 

この絵の場面とは関係ありませんが、ベルギーゆかりの「フランダースの犬」から 
クリスマス イブの晩、アントワープにあるアントウェルペンの聖母大聖堂の絵の前に倒れるネロと、側に横たわる愛犬パトラッユ すると、絵を隠していたカーテンが風で偶然めくれ、ずっと見たかったけれど、お金がなくて見られなかった絵が見えるという感動のシーン、その直後ネロとパトラッシュは天に召される・・

その絵はベルギー・アントウェルペンの聖母大聖堂の『キリスト昇架』は、フランドル地方で伝統的な「三連祭壇画」の様式で描かれた『ルーベンス』の絵です  《キリスト昇架》と《キリスト降架》という大きな絵です

A4上質紙・水彩ペイント
ブルージュ

 

Spain Art nouveau (Gaspar Camps i Junyent) 「月の寓意3月」を塗った

2022/08/22~24  スペインのアールヌーボー作品を塗って

仕事の合間をぬって
Gaspar Campsi i Junyet(ガスパール・キャンプス・イ・ジュニェント)の作品を塗る

ミュシャの装飾を思えば未だ軽い 描写体の女性は同じ ドレスが綺麗だったので 線画を作成・塗ってみた
仕事疲れもあったが十分癒され塗れた(本来ドレスは赤色、上段は濃いめ、下段は薄いめで塗った)


作品題名:Allegory of the Month March(月の寓意3月)
A4上質紙・水彩色鉛筆


月の寓意3月


QRコード
QR