装飾の魔術師 ミュシャ ぬり絵にチャレンジ

ラフにヌリ塗り 肩こり!対策のヌリ塗り~

2023/02/03  節分

今日は久しぶりに内職(?)をしているので ラフに塗れそうな絵を選んだ 

多分 伊香保(竹下夢二 伊香保記念館)でみたかも ・・ 定かな覚えではない


作品は代表作でもある 黒猫を抱く大正ロマンの美女

その美女は モデルの恋人であった「彦乃」

夢二は12才年下の彦乃と運命的に出会う しかし、結核を患った彦乃は夢二から引き離され入院

その翌年 傷心を絵筆に託し描かれたのが この絵で夢二の最高傑作といわれる『黒船屋』

完成した翌年に彦乃は25歳で亡くなり 生涯、夢二の心に残る女性となる


不思議な縁があるものだ 選んだ絵と何処か結ばれているように思う

どことなし 何気なく みていたものが 何年も縁がなかったのに 突然やってきた

どこかに 切れ端のように 残っているんだぁー 

よく言われる「一期一会」のように「縁」は大切にしたいものです



作者:竹久夢二
題名:代表作「黒船屋」(1919年)
竹下夢二 黒船屋 1919年

子供達との思いで Tom & Jerry をヌリ塗り

2023/02/03

今日は「節分」恵方巻をかぶりつく日である

昔は無かったかと・・ (私達が子育て中は) 

商魂たくましくって結構な事 !!!!


さて、トムとジェリーは良くご存じだと・・

子供達が幼稚園に通う頃の事

夏休みで外は暑い かと言ってプールまで   行く気にならなかったので

家族そろってリビングで大きなモニターで 「トムとジェリー」の

ビデオを度々鑑賞したのを思い出した

この頃のディズニー映画 面白かった・・


題名:トムとジェリー

A4上質紙・水彩色鉛筆

Tom Jerry

気分転換に「赤い頭巾の少女」ボヘミア?少女を塗ってみた

2023/02/02  今日も寒い一日でした

日本画から西洋画に切替て気分転換した

眼と口が気にいったので塗ることにした


本来はお顔は もっと影が付けられていた

控えめに付けてみた 元はボヘミアンのようだったのが

そうみえなくなった


今回も楽しく変身させ ヌリ塗りできました


題名:red hooded girl(赤い頭巾の少女)

A4上質紙・水彩ペイント+水彩色鉛筆

赤い頭巾の少女

渓斎英泉 女は花である マスキングインクの練習をする

2023/01/30   今日も寒い日であった

午後から「マスキングインク」を使う練習をしてみた

線画は 渓斎英泉 浮世絵のような原画から作成した(下)

渓斎英泉 線画0


この絵で何故 マスキングインクを使うのか
この絵は雪が降る場面で そこに人物が歩くかのよう
一度に同色を塗るとき 例えば傘には雪が積もり 白い部分を残して置きたい
樹々には 雪が吹き付けられているような場面 雪そのものも同じです

マスキングインクは乾燥すると指でゆっくり擦ると取れます
でも筆で塗ると 筆がダメージを受けます 溶かし液に付け筆を保護したりします
筆が溶液で固まり没を覚悟する

【マスキングインク(液体)】
マスキングインク



マスキングインクを塗った線画
ほぼ残したい部分にインクを塗るのに約1時間(練習のため雑に塗った)
塗った部分には薄いブルーの色が付く
面倒な手作業です
渓斎英泉 線画1



塗り終えて
実に面倒な手作業となる マスキングインクは乾燥しやすく
インクの蓋を開け閉めしながらの作業
白い雪の表現が容易となり止むなしでした

インクを塗った処は 色付けした後 私は指先で擦り 取り除きました
紙質により紙が付着する場合もあり 少し高くつくぬり絵です

女は花である

作者:渓斎 英泉(けいさい えいせん)  狩野派の浮世絵師
題名:女は花である(?)
A4上質紙・水彩ペイント+水彩色鉛筆

日本画の挑戦 歌川式麿 題名不詳 鏡にて~

2023/01/30   もう1月も終わり

鏡に映る女性

引き締まった ”黒” 水彩ペイントを使用すると

領域外まで滲む この滲みが命取り

”没” になるかもと塗り進める 今回は少し

滲みがあった 幸い没にならず済んだ

髪とかんざし お顔と鏡が難しかった 💦💦



歌川式麿は歌麿の弟子とも、歌麿の弟子月麿の弟子とも云われている

このような絵(版画)は36枚もあるらしい(定かではありません)

日本人の版画技術は すばらしく綺麗で どう多色刷りをしたのか想像する



作者:歌川式麿
題名:今容女歌仙 大井 (錦絵)
A4上質紙・水彩ペイント+水彩色鉛筆
歌川式麿
QRコード
QR